中古マンション人気エリアとは

具体的な、中古マンションの人気のエリアには、どのような場所があるのでしょうか?東京23区内で見た場合、df不動産屋情報によりますと、文京区が1位、2位が新宿、3位が港区となっています。文京区と言えば、23区の中央北寄りに位置し、文の京と住宅と呼ばれる街です。南部には商業地域が少しありますが、全体的に住宅が多く、公園や教育機関、医療機関が多いのも特徴です。大きな繁華街もなく、大都心でありながら、閑静な住宅街であるところが、人気を集めているのでしょう。山手線内にすっぽりと入る位置にあり、どちら方面にも通勤に便利なエリアです。例えば、中央区は、マンションや団地などの、集合住宅が大半を占めているエリアです。一戸建てやアパートを探すとなると、かなり数が少ないので、厳しいと言えるでしょう。一等地の銀座4丁目交差点周辺では、新築マンションを建てる土地がないために、そこで中古マンションがお勧めになります。23区のほぼ中央に位置する、オフィス街になり大規模な商業地域になります。河川が多くあることも特徴で、不思議と安らぎを感じことのできるエリアになります。
中古マンションも人気エリアであれば、中古と言えそれほど安いとは言えません。新築で購入した時の値段よりも、高く売り出されている場合もあります。ヴィンテージマンションと呼ばれる、築年数が古くても人気のある物件がありますが、これも相当します。また、このようなマンションは人気があるので、手放す人は数少なく、売りに出されることはそうないでしょう。数年前に品川で新築マンションを購入して、暮らしていたことがありますが、売りに出した際に、購入金額よりも高い値段で売ることができました。まだまだ再開発が進んでいる人気エリアなので、このように高く売れることもあります。中古マンションでも人気エリアなら、高額で買い取ってもらえ、高額で売りに出される場合もあります。人気エリアの物件は、売らないで不動産として残しておくと、後でもっと地価が上がる可能性がありますよ。